オンラインで公開講座&企業研修
新試験対応 PMP®試験対策講座
MENU 閉じる
閉じる
Information アイシンク インフォメーション
ホームアイシンクインフォメーション第24回:必要なスキルをもったメンバーが集められない 

第24回:必要なスキルをもったメンバーが集められない 

メルマガ,PMざっくばらん相談室

今回は、安部さん(仮名)からの悩みです。

安部さん 38歳/PM歴12年/物流プロジェクトのマネジャー

プロジェクトの内容が明らかになって、いざメンバーを集めようとしても、組織に必要なスキルをもった人材が不足していて、スキル不足の人材を使わざるを得ません。

スキル不足のメンバーを指導する人材がほかにいてくれたらいいのですが、小さなプロジェクトなので、そのような人材もなく、結局私自身が指導にまわることになり、私の業務にも支障がでるようなありさまです。

どうしたらいいのでしょうか。

回答

なるほど、必要なスキルをもったメンバーが集まらないと、品質や納期も危うくなり、その分をPMがカバーしようとしたら、その負担は相当なものになりますね。

ところで、スキル不足のメンバーの教育は、PMにとって余計な仕事だと思っていませんか。

まずは、メンバーのスキルアップを考えるのもPMの仕事だと認めることです。

人材教育は、長い眼で見て、組織が取り組むべき課題ですが、実際のところ、常にいずれかのプロジェクトに参加しているメンバーにしてみたら、スキルアップをする機会がなかなかないのが現状です。

そうなると、必要なスキルを身につけてからプロジェクトに参加してもらうこと自体無理があります。

メンバーのスキルアップもPMの標準的な役目でもあるので、プロジェクトの計画は、必要なスキルアップのためのトレーニングもプロジェクトのスコープ(作業範囲)に含めて考えます。

トレーニングを受ける時間や提供する時間も、スケジュール、および工数に組み込んで計画を見直す必要があります。

その上で、納期、品質、予算に問題があれば、通常のプロジェクトマネジメントの課題として取り組みます。

「メンバーのスキルアップもプロジェクト・マネジャーの仕事」と認識して取り組みましょう。

あらゆるお客様の「プロジェクトの成功」をサポートしていくことが、
アイシンクの最大の使命と考えております。

03-5909-0912 平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)
ホーム アイシンクの理念 プロジェクトマネジメントとは 導入事例
法人向けサービス
個人向け公開講座
企業案内
採用情報
インフォメーション