オンラインで公開講座&企業研修
新試験対応 PMP®試験対策講座
MENU 閉じる
閉じる
Information アイシンク インフォメーション
ホームアイシンクインフォメーション第59回:その感情は「おなじみ」の感情では? 

第59回:その感情は「おなじみ」の感情では? 

メルマガ,ストレスをマネジメントしよう!

さて、私たちはつい出やすい言葉や、つい出やすい行動があるように、つい出やすい感情を持っています。

たとえばお客様と交渉をしている途中、お互いの言い分がぶつかり、緊迫した状況になったとします。

すると、そのときの感じ方は人それぞれです。

「なんて自分勝手なことばかり言い立てるんだ!」と怒りを覚える人もいれば、「もっと準備しておけばよかったのに、私はなんてバカなんだ」と後悔を感じる人、「これだから人と交渉するのはいやなんだ…」と憂うつを感じる人もいるでしょう。

このようなストレスを感じる状況で、あなたがいつもの「おなじみの」感情に浸ったとしたら、交流分析でいうところの「ラケット感情」かもしれません。

このラケット感情とは、「いろいろなストレス状況で経験される、なじみ深い感情であり、子ども時代に学習されたもので、成人の問題解決の手段としては不適切なもの」です。

つまり「あなたはすぐ腹を立てる」と言われやすいとしたら、それがあなたのラケット感情である可能性が高いわけです。

このラケット感情にはいくつかの特長があります。

1つには「問題解決の役に立たない」ということです。

上記の例でいけば、今ここで怒りに任せてお客様と怒鳴りあいをしたところで、あるいは後悔の念に浸って暗い顔をしてみせたところで、お客様との交渉がスムーズに進むとは考えにくいですね。

また1つには「自分自身への非生産的な口実となる」という点もあります。

「これだから人と交渉するのはいやなんだ…」と憂うつに浸ることに時間を使うことで、本来考えるべき「どうやってこの交渉をうまく進めるか」ということに取り組まずに済ませているわけです。

このような、ためにならない、不快な感情を繰り返し味わっているとすれば、それは見直してみる価値はありそうです。

私たちは、おなじみの感情に身を任せ続けることも、そこから決断して身を起こすこともできます。

おなじみの感情がまたやってきたことに気づいたら、あなたの中の「大人」の部分にスイッチを入れてみましょう。

「この怒りは/後悔は/憂うつは、私の役に立っているだろうか?」と考えてみるのです。

すると、「これはうまくないな」と気づいて、「それよりまずお互いの言い分を整理することが先だ」などとエネルギーが問題解決に向けられ、感情の波がスーっと引いていくことになるでしょう。

あなたの「おなじみ」の感情、長い付き合いかもしれませんが、少ーし距離をとりつつ、うまくお付き合いしていきましょう!

あらゆるお客様の「プロジェクトの成功」をサポートしていくことが、
アイシンクの最大の使命と考えております。

03-5909-0912 平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)
ホーム アイシンクの理念 プロジェクトマネジメントとは 導入事例
法人向けサービス
個人向け公開講座
企業案内
採用情報
インフォメーション