オンラインで公開講座&企業研修
新試験対応 PMP®試験対策講座
MENU 閉じる
閉じる
Information アイシンク インフォメーション
ホームアイシンクインフォメーション第46回:「成功の責任」を追及しよう 

第46回:「成功の責任」を追及しよう 

メルマガ,ストレスをマネジメントしよう!

さて今から皆さんに3つの質問をしますので、ちょっとご一緒に考えてみてください。

1.あなたは昨日会社を出てから寝るまでの間に、どんな「プチハッピー」に出会いましたか?

「プチハッピー? そんなものなかったよ」という方も、よーく思いだしてみてください。

  • 満員電車だったけれど座ることができた
  • コンビニでお気に入りのプリンを買うことができた
  • 奥さん(旦那さん)がご飯を作ってくれた

などなど、こんな程度で構いません。

2.その「プチハッピー」をあなたはどうやって起こしたのですか?

「え、別に何にもしてないよ」と思うかもしれませんが、よーく考えてください。
きっと何かしているはずです。

  • 注意深く乗客を観察し、席を立ちそうな人の前にさりげなく移動した
  • まっすぐ家に帰らずに、コンビニに立ち寄った
  • 出されたごはんをいつも残さず食べてきた

ほら、やっていることあったでしょう?

3.では最後。それはあなたに「どんな力がある」といえますか?

  • 観察力がある
  • ぶらっとする力がある
  • ご飯を食べる力がある

「そんなのあり?」と思うかもしれませんが、ありです(笑)

さて、ご回答どうもありがとうございました。
この質問は何をしていたのかというと、みなさんの「成功の責任追及」をしたのです。

みなさんは「責任追及」と聞くと、問題を起こしたとき、失敗したときにされる「いやーな」イメージをお持ちかと思います。「なんでこんなミスしたんだ!」といった具合で、うーん、聞くだけで辛い…。

ですが、責任追及は「成功」したときこそ、ぜひやってみてほしいのです。
私たちは問題に対しては責任追及するのに、成功についてはまず責任追及しません。

問題の責任追及をするのは、たぶん「二度と起こしたくない」からですよね。

じゃあ、「成功」はどうでしょうか?
「二度でも三度でも起こしたい」ですよね。
そしたら責任を追及しておかないと!

たとえばあなたの部下が、新規案件を獲得できたとしましょう。
そうしたらすかさず「成功の責任追及」です。

「すごいね! どうやってとったの?」

部下は「たまたまですよ」とか「お客さんが良かったんですよ」と言うかもしれません。でもそこであきらめず、「でもあなたがしたことも何かあるでしょ」と、もうひと踏ん張りしてみましょう。

そうしたら「そういえば、プレゼンでいつも緊張しちゃうんで、事前に自分の説明を先輩に聞いてもらったんです」なんてことがあるかもしれません。

ここまで聞き出せたら、最後はしっかり「褒めて」ください。
「へぇ~! 先輩に協力を依頼したのか。そうやってあなたは周りの人を巻き込める力があってすごいね!」

こうすれば、本人が知らずに使っていた「成功を起こす力」がはっきりと意識され、今後はその力を使って意図的に「成功」を起こせるようになっていくわけです。

このように、悪循環を止めるための「問題」の責任追及だけではなく、好循環を起こすための「成功」の責任追及ということもやってみてください。

キーワードは「それどうやってやったの?(How did you do it?)」です。
ぜひ口グセになるぐらい使ってみてくださいね!

あらゆるお客様の「プロジェクトの成功」をサポートしていくことが、
アイシンクの最大の使命と考えております。

03-5909-0912 平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)
ホーム アイシンクの理念 プロジェクトマネジメントとは 導入事例
法人向けサービス
個人向け公開講座
企業案内
採用情報
インフォメーション