オンラインで公開講座&企業研修
新試験対応 PMP®試験対策講座
MENU 閉じる
閉じる
Information アイシンク インフォメーション
ホームアイシンクインフォメーション第31回:PMOの運営 その1「PMOの設立目的とPMO機能」 

第31回:PMOの運営 その1「PMOの設立目的とPMO機能」 

メルマガ,組織&プロジェクトに役立つPMO活用術

前回まで、長い期間、PMOの機能について、お話をしてきました。
今回から、PMO運営のポイントをお話しします。

1.組織のPMOにとって大切なステークホルダー

PMOが活動の対象とするステークホルダーというと、プロジェクトが頭に浮かびます。組織のPMOの役割は、組織目標の達成のために、次のことを行います。

  • 組織のプロジェクトマネジメント力の向上
  • 個別プロジェクトの支援
  • 経営層のプロジェクトマネジメント業務の支援

従って、PMOのステークホルダーは、プロジェクトだけではなく、経営層、組織全体に及ぶことに留意しましょう。
PMOは、これらのステークホルダーに対して、プロジェクトマネジメントに関する働きかけを行い、組織目標達成に貢献することが必要です。

2.PMOの設立目的とPMO機能

前回お話ししたように、組織のPMOには設立目的があります。
これは、組織の経営層の方針や、組織のプロジェクトマネジメンに関する重要な課題に基づいて決定されます。

従って、組織のPMOは、PMOの設立目的を十分に認識したうえで、PMO活動を行うことが大事です。
この時、PMO活動とは、今までお話ししてきた多くのPMO機能のうちから、設立目的に適合したものを選択します。

例えば、IT受注企業で、PMO設立目的が”赤字プロジェクトの防止”であれば、

  • プロジェクトモニタリング
  • プロジェクトリスクの早期検知
  • プロジェクト・マネジャーの意思決定支援
  • リソース管理支援
  • プロジェクト審査制度

のような機能が重要になります。

また、発注企業(自社プロジェクト)で、PMO設立目的が”競合他社との競争の勝利”であれば、

  • プロジェクトモニタリング
  • 重要プロジェクトの情報把握と可視化報告
  • 経営層の意思決定支援
  • プロジェクト審査制度

などが重要な機能になります。

また、PMOの設立目的が”組織のプロジェクトマネジメント人材育成”であれば、

  • プロジェクトマネジメントに関する標準化
  • プロジェクト・マネジャーのコンピテンシー
  • プロジェクトマネジメント・トレーニング
  • PMコミュニティー

などが重要な機能になります。

さらに、PMOの設立目的が”問題プロジェクトの支援”であれば、

  • プロジェクトマネジメント計画書の作成支援
  • プロジェクトモニタリング
  • プロジェクト・マネジャーの意思決定支援
  • プロジェクト審査制度
  • 問題発生プロジェクトのリカバリー

などが、重要な機能になります。
設立目的が、”問題プロジェクトの支援”であっても、PMOは、プロジェクトが問題を起こさないように早期に対応することが重要です。

このように、PMOの設立目的によって、PMOが取り組む重要な機能は異なってきます。

今まで、PMOの多くの機能について説明してきましたが、これらの機能はすべてのPMOが実施する必要があるわけではありません。
それぞれの組織には、組織のPMOの設立目的がありますので、組織のPMOにとっては、PMOの設立目的や組織のプロジェクトマネジメント課題を解決するための機能を実施することが重要です。

あらゆるお客様の「プロジェクトの成功」をサポートしていくことが、
アイシンクの最大の使命と考えております。

03-5909-0912 平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)
ホーム アイシンクの理念 プロジェクトマネジメントとは 導入事例
法人向けサービス
個人向け公開講座
企業案内
採用情報
インフォメーション