MENU 閉じる
閉じる

Information アイシンク インフォメーション

ホームアイシンクインフォメーション第26回:経営層の意思決定支援 

第26回:経営層の意思決定支援 

メルマガ,組織&プロジェクトに役立つPMO活用術

組織のPMOの重要な業務のうち、PMOの経営支援についてお話ししています。
前回は”リソース管理支援”についてお話ししました。
今回は、”経営層の意思決定支援”についてお話しします。

1.経営層のプロジェクトマネジメントに関する意思決定

経営層は、組織目標達成のために、プロジェクトマネジメントに関する様々な意思決定を行います。

具体的には、次のような領域があります。

  • 組織の中期計画/年間計画
  • 組織のプロジェクト運営方針
  • 個別プロジェクトの意思決定に関する検討
2.PMOによる経営層の意思決定支援の役割

PMOは、経営層が行うプロジェクトマネジメントに関する様々な意思決定について支援をしたり、検討課題に取り組みます。

経営層は、必ずしもプロジェクトマネジメントの専門化ではなく、多くの業務を遂行しています。
PMOは、組織のプロジェクトマネジメントの専門家として、経営層に対して、意思決定のためのデータを提供したり、提案・助言を行います。

(1)組織の中期計画/年間計画

組織では、通常、中期計画や年間計画を立案します。この中で、組織目標を達成するために実施するプロジェクトを立案します。
さらに、中期計画/年間計画のプロジェクトを実施するための予算計画や人員計画が必要になります。

PMOは、中期計画/年間計画の実施に対するリソース計画の立案や、実現可能性、整合性の検証が求められます。

(2)組織のプロジェクト運営方針

組織には、プロジェクトを一貫して統制する方針を定めて運営する必要があります。
この方針は、組織によって定められ、プロジェクトはこの方針に沿って遂行する必要があります。

PMOは、組織が定める、すなわち経営層が定めるプロジェクト運営方針について、方針の制定を支援します。

例えば、次のような方針を制定します。

  • プロジェクトの遂行は、組織のプロジェクトマネジメント標準に沿って実施する。
  • プロジェクトは、受注審査、フェーズ終了審査、出荷判定の審査を受審する。
  • PMOは、重点プロジェクトについて、プロジェクトモニタリングを実施する。

…などを定めます。

組織のプロジェクト運営方針を定めることで、プロジェクトマネジメントは、プロジェクト・マネジャーの個人の資質に依存することがなくなり、組織としての運営が重要になります。

組織のプロジェクト運営方針は、組織のプロジェクトマネジメントの成熟度によって、適切な水準や方針が異なります。
運営方針は、組織のプロジェクトマネジメントの成熟度を考慮して決定し、年度ごとに見直していくことが望ましいといえます。

3.PMOに必要な要件

組織の経営層の考え方は、それぞれの組織によって様々です。
PMOにとって、経営層を支援するために必要な要件は次の事項です。

  • 組織の目標を把握していること。
    プロジェクトの遂行は、組織目標達成のために実施されます。PMOは、組織目標を正しく把握している必要があります。
  • 経営層の組織運営やプロジェクトマネジメントに関する方針を理解していること。
    経営層が発信する文書や発言について、十分に認識しておく必要があります。
  • 日ごろから、経営層とのコミュニケーションをとること。
    プロジェクト運営方針の制定、重要プロジェクト報告、プロジェクト審査などを通して、経営層とコミュニケーションを取ります。

以上のように、日常から経営層のプロジェクトマネジメントに関する考え方を理解し、経営層に対する支援を行います。

あらゆるお客様の「プロジェクトの成功」をサポートしていくことが、
アイシンクの最大の使命と考えております。

03-5909-0912 平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)
ホーム アイシンクの理念 プロジェクトマネジメントとは 導入事例
法人向けサービス
個人向け公開講座
企業案内
採用情報
インフォメーション