MENU 閉じる
閉じる

Information アイシンク インフォメーション

ホームアイシンクインフォメーション第23回:PMOの経営支援の役割 

第23回:PMOの経営支援の役割 

メルマガ,組織&プロジェクトに役立つPMO活用術

組織のPMOの重要な業務のうち、今まではプロジェクト支援業務についてお話ししてきました。今回からは、PMOの経営支援についてお話しします。

1.PMOの経営支援とは

組織のPMOは、組織の目標を達成する視点から、組織全体のプロジェクトマネジメントに関する多くの事項を統括します。
組織のなかで、プロジェクトマネジメントに関与しているステークホルダーは、大きく分けて、プロジェクト、母体組織、経営層があります。

経営層は、組織目標を達成するために、組織のプロジェクトマネジメントに関する意思決定をしたり、プロジェクトのスポンサーやオーナーとして、プロジェクトに対して指揮をします。

PMOは、経営層が関与する上記のような活動に対して、経営層の支援を行うことが必要です。

2.PMOの経営支援機能の例

ITベンダーなどで見られるPMOの経営支援機能には、以下のような例が見られます。

  1. 重要プロジェクトの正確なプロジェクト状況の連絡
  2. プロジェクトのリソースを組織計画通りに遂行することの支援
  3. 経営層の意思決定支援
  4. プロジェクト審査制度の構築と実施

これらは組織目標を達成するために、経営層が関与する必要があるプロジェクトマネジメント機能になります。
これらの機能については、次回以降で説明します。

実際には経営層が行うプロジェクトマネジメントに関する役割は、組織により様々です。
PMOの方は、自組織の経営層への支援が最適になるよう考慮する必要があります。
そのためには、日ごろから経営層のニーズをくみ取るように、コンタクトを取ることが必要です。

3.経営層とプロジェクトの橋渡しの役割

経営層は多様な役割を果たしています。
また、必ずしもプロジェクトマネジメントの専門家ではありません。
従って、個々のプロジェクトの状況について、詳細を認識することは難しい状況にあります。

一方、プロジェクトには、プロジェクトごとに個別の状況があります。
プロジェクトは、ラインとしての報告を上位マネジメントや経営層に報告をしています。

この経営層の認識と、プロジェクトの認識には、ギャップがあることが見られます。
PMOは、このギャップを埋める役割を果たします。

また、プロジェクトには、公式の報告のほかに、経営層に連絡や相談したい事項がある場合があります。
PMOは、このようなプロジェクトの状況を経営層に伝えることも必要になります。

また、経営層には、個別のプロジェクトに対して期待している意図があります。 これは通常はラインを通してプロジェクトに連絡されます。
PMOとしてもこの意図をくみ取り、プロジェクトが経営層の意図が理解できるよう、説明することが必要です。

このように、PMOには、経営層とプロジェクト間の橋渡しとしての役割が求められます。

あらゆるお客様の「プロジェクトの成功」をサポートしていくことが、
アイシンクの最大の使命と考えております。

03-5909-0912 平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)
ホーム アイシンクの理念 プロジェクトマネジメントとは 導入事例
法人向けサービス
個人向け公開講座
企業案内
採用情報
インフォメーション