新試験対応 PMP®試験対策講座
新型コロナウイルスの対応
コロナ禍での「公開講座」の対応
オンラインで公開講座&企業研修
MENU 閉じる
閉じる
Information アイシンク インフォメーション
ホームアイシンクインフォメーション第132回:自分が無自覚に振るう「パワー」に敏感になること

第132回:自分が無自覚に振るう「パワー」に敏感になること

ストレスをマネジメントしよう! 2021.11.26

さて、今回は私たちが気づかぬうちにやってしまう、「相手を追い詰める話し方」について考えてみましょう。

これはアサーションの研修で扱うケースなのですが、

「マネジャーのAさんは、ある年上のメンバーBさんの威圧的な振る舞いが気になる。
ミーティングではきつい言い方で他の人の意見をバシバシ否定し、若いメンバーをけちょんけちょんにしてしまう。
そこでAさんは、Bさんと話し合いを持つことにした」

という状況です。

こんなとき、マネジャーAさんとメンバーBさんの話し合いで生じやすいすれ違いはこうです。

Aさん「Bさん、さっきのBさんの言い方だけど、ちょっときついんじゃないかな」
Bさん「え、そうですか、そんなことないですよ。あれぐらい普通です」
Aさん「…(え~!!)」

こちらの感覚と、相手の感覚がまったく違う。
こんなすれ違いがあったときに、私たちはどうしてしまいやすいか。

なんとか相手に自分の感覚の正しさを受け入れさせようと、何らかの「力」を使いだしてしまいます。

例えば…
①「みんなBさんの言い方はきついって言っていますよ」
これは一体どんな「力」を使ったのでしょうか。これは「数の力」です。自分一人の頭数では足りなかったので、その場にいない誰かを巻き込み、自分の主張の重みづけに使ってしまったやり方です。

こんなふうに数の力を使われるとBさんはどう思うでしょうか。
「みんなしてコソコソ私の悪口を言っていたのか!」と強い傷つきや疎外感を感じたり、「いったい誰がそんなこと言っているんだ!」と疑心暗鬼になります。

あるいは…
②「その考え方は古いですよ。今どきそれではパワハラと言われてしまいます」
これはどんな力でしょうか。これは「常識の力」で、これも「数の力」の一つとも言えます。
常識とは、「今の時代の大多数の人が支持する考え方(時代が変われば移り変わるもの)」という意味で、やはり数の力ですよね。

この常識の力を使うと、「あなたは時代遅れの人」というレッテルを相手に貼ってしまいかねません。このような劣勢に追い込まれたBさんは「今どきの若い奴らが弱っちすぎるんだ!」という、また別の方向への攻撃にすり替わってしまうこともあります。

さもなくば「だったら言っていい言葉とダメな言葉のルールブックを持ってこい!」ですとか、「私の言い方でパワハラ判定が出たという裁判事例の証拠を出
せ!」など、「ルール」や「法律・判例」など、別の「力」をこの場に持ち込ませることにもつながります。

「力」を持ち出して相手に勝とうとしたことで、まさに「力比べ」が始まってしまうのです。
本当はこんな話がしたかったのではないはずなのに…。

そこで、話し合いに、何らかの「力」を持ち込むのをやめましょう。
Aさんとしては、一番「無力」で、でも一番「率直」なことを伝えれば十分です。

Aさん「そうでしたか…。ただ私は、さっきの言葉は、聞いているのが辛かったです」

自分の気持ち以上の「パワー」はそこに必要ありません。(だけど私はこれが一番「パワフル」なメッセージだと思うのですが、どうでしょう?)

言い争いになったとき、何とか自分の言い分を受け入れてもらいたくて、私たちはつい何らかの「パワー」を持ち出してしまいがちです。
ただ、そのとき、議論に勝つことはできるかもしれませんが、相手との間には禍根を残すことになります。

自分が無自覚に何らかの「力」を使っていないか、十分気をつけていきたいですね!

あらゆるお客様の「プロジェクトの成功」をサポートしていくことが、
アイシンクの最大の使命と考えております。

03-5909-0912 平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)
ホーム アイシンクの理念 プロジェクトマネジメントとは 導入事例
法人向けサービス
個人向け公開講座
企業案内
採用情報
インフォメーション