新試験対応 PMP®試験対策講座
新型コロナウイルスの対応
コロナ禍での「公開講座」の対応
オンラインで公開講座&企業研修
MENU 閉じる
閉じる
Information アイシンク インフォメーション
ホームアイシンクインフォメーション第16回:最高の人生の見つけ方(2019年)PM系講師 梅田拓

第16回:最高の人生の見つけ方(2019年)
PM系講師 梅田拓

メルマガ,こんなところにもプロマネ!

今年の春あたりから、急速に働き方、働く環境の変化がありましたが、そうそう簡単に元の生活に戻れそうにないですね。Go Toキャンペーンが実施されたかと思えば、あっという間に見直しとなった今、自宅でオンラインを利用した楽しみ方など、新しいことに挑んでいらっしゃる方も多いことでしょう。
そんな中で今回は、邦画「最高の人生の見つけ方」を題材にしたいと思います。

主人公は二人います。バリバリのキャリアウーマンであるホテルグループの女社長、剛田マ子(天海祐希)、もう一人はごく普通に人生を家庭にささげてきた?であろう主婦、北原幸枝(吉永小百合)。この二人はすでにガンを発症しており、余命宣告されています。偶然、病室が同じになった二人ですが、ふとしたきっかけから、他人の「死ぬまでにやりたい事リスト」を手にします。それは、同じ病院内のまだ中学生くらいの少女の落とし物だったのですが、それを目にしたことで「限りある自分の人生、残りが目に見えているのなら、ここに書かれているやりたいことをやってやろうじゃないか」と奮起します。幸い、剛田は大成功を収めた実業家。彼女のお金を使って次々と「死ぬまでにやりたい事」を実現していくのですが…。

そもそも、皆さんの仕事において、当然しなければいけない事は山ほどあるはず。あれをやってこれをやって、そうそう、あれをやるのを忘れていた…なんてことがたくさんあります。万が一「やらなければならない事なのに、失念していた…」という項目があったとするなら、これは大きなミス、失態につながってしまうことも。場合によっては大きなトラブルになり、補償が発生する場合も無くはないでしょう。

そんな事にならないように「今回の仕事でやるべきことを全部洗い出す」という役目を担っているのが、WBS(ワーク・ブレークダウン・ストラクチャー)になります。仕事やプロジェクトを滞りなく進めるため、やるべき事が抜けないように、また間違ってダブってやらないように、このツールを使って事前に洗い出し、チェックするのです。まさに大きなやり残しなどが無いようにするためのツールということです。

映画において、二人はやるべきことをほぼやり終えますが、最後に一つだけ大きな「やりたいこと」が残ります。これをどうやってクリアするのか?ぜひそのあたりも念頭において、ご覧ください。

それではまた、次回をお楽しみに。

あらゆるお客様の「プロジェクトの成功」をサポートしていくことが、
アイシンクの最大の使命と考えております。

03-5909-0912 平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)
ホーム アイシンクの理念 プロジェクトマネジメントとは 導入事例
法人向けサービス
個人向け公開講座
企業案内
採用情報
インフォメーション