新型コロナウイルスの対応
オンライン無料セミナー
オンラインで公開講座&企業研修
MENU 閉じる
閉じる

Information アイシンク インフォメーション

ホームアイシンクインフォメーション第14回:リトル・ミス・サンシャイン(Little Miss Sunshine 2006年)PM系講師 梅田拓

第14回:リトル・ミス・サンシャイン(Little Miss Sunshine 2006年)
PM系講師 梅田拓

メルマガ,こんなところにもプロマネ!

ここ数回は邦画が続きましたので、今回は久しぶりに洋画を取り上げてみました。
さっそく映画の中身に入りましょう。

主人公の少女、7歳のオリーブは、カリフォルニア州レドンドビーチで開催される美人コンテスト「リトル・ミス・サンシャイン」の予選を通過し、決勝戦に出ることに!有頂天になる当人は良いのですが、家族の状況は複雑です。オリーブの母親の兄は、自殺未遂をしてやっと退院してきたばかりのゲイ。オリーブの兄は、空軍のテストパイロットになるために、合格するまでは言葉を発しないという誓いを立てているので、すべてメモ書きでのコミュニケーション。オリーブの父は自己啓発系?の本を出版しようと契約が決まるかどうかでヤキモキ。オリーブのおじいちゃんはオリーブと仲がいいのですが、老人ホームを追い出されて自宅に戻り…と全くまとまりのない家族。しかし今回の美人コンテストに出場するため、誰一人として置いていくわけにいかない状況。仕方なく、ゲイの叔父、パイロット志願の無口な兄、老人ホームを追い出されたおじいちゃん、契約でヤキモキしている父、オリーブの母、そしてオリーブの総勢6名で、フォルクスワーゲン社製の、今にも壊れそうなほどに古い黄色の自家用マイクロバスで出かけることにします。

会場までは、車ですぐ…ではなく、一泊二日かかる1,000キロ以上の道中。そんな車の中では、家族のメンバーそれぞれが不満を抱いているため、雰囲気はギスギスしていてもう最悪。出版の契約が気になるお父さん、今回の旅行に全く乗り気ではないオリーブの兄、不満や汚い言葉を吐きまくるおじいちゃん。不満がこれ以上ないかたちで充満しているマイクロバスの中で、ただひとり、オリーブだけはダンスの音楽を聴いて準備万端ノリノリです(笑)。

ところが、こんなバラバラの家族でも、ふとしたことからだんだんまとまってきます。車が古いためクラッチが故障し、交換するにも部品がない状況のもと、エンジンをかけるところから家族が協力しはじめます。誰もが何となく不満を抱えつつも、美人コンテストに向けて動き出します。また、さらに別の大きな事件をきっかけに、皆の心がボロボロになりかけ、もうコンテストに間に合わないかもしれない!どうする?諦めるか?となった時、皆が団結します。何のためにここまでやってきたんだ!絶対にオリーブをコンテストに出さなきゃ!

さて、この状況を皆さんのお仕事やプロジェクトの状況になぞらえて考えてみましょう。そもそも、プロジェクト開始当初、プロジェクトに選任されたメンバーは、顔見知りが複数いる場合もあれば、今回が初参加の方もいらっしゃるでしょう。そんな状況においては、プロジェクト「チーム」と名がついていたとしても、最初から本当に効率よく成果の出せる「チーム」にはなれていません。そう、チームになるには段階が必要なのです。

チームになるためのステップを示したモデルは「タックマンモデル」と呼ばれ、「Forming(成立期)→Storming(動乱期)→Norming(安定期)→Performing(遂行期)→Adjourning(解散期)」などと呼ばれています。そう、良いチームになるには「Storming(動乱期)」と呼ばれる、言いたいことが言い合える、一見、周りから見ると荒れている状況が必要になるということなのです。

映画の中においては、車の中や日常で皆が不満をぶつけ合うことで、徐々に相手の心の中が見えてきます。誰もがそれぞれに悩みを抱え、お互いの悩みを知り、お互いの考え方を理解しはじめることで、やっと「家族」というまとまりがつくられていきます。これは皆さんの仕事の場面においても同じこと。皆がそれぞれ互いの違い、考え方、ものの言い方などを知り、許容していく過程を経て、やっとチームらしく動き出すはずです。

映画においては、時間厳守のコンテストにはもう間に合わないかも!という状況にまで追い込まれます。そんな中、そもそもコンテストに間に合うのか?オリーブはコンテストで良い成績を取れるのか?最後までハラハラさせられる展開が続きます。ただ、どんな状況になっても、視聴者はオリーブの言動に助けられ、オリーブの家族にも助けられる(笑)…そんな、とても心の温まる映画です。

アカデミー賞の脚本賞も受賞したこの作品。ぜひこの映画をご覧になった後は、アイスクリームを!…ご覧になった方は、お分かりですよね(笑)

あらゆるお客様の「プロジェクトの成功」をサポートしていくことが、
アイシンクの最大の使命と考えております。

03-5909-0912 平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)
ホーム アイシンクの理念 プロジェクトマネジメントとは 導入事例
法人向けサービス
個人向け公開講座
企業案内
採用情報
インフォメーション