オンラインで公開講座&企業研修
新試験対応 PMP®試験対策講座
MENU 閉じる
閉じる
Information アイシンク インフォメーション
ホームアイシンクインフォメーション第82回:あなたの「ねばならない」はなんですか?ヒューマンスキル系講師 丸山奈緒子 

第82回:あなたの「ねばならない」はなんですか?
ヒューマンスキル系講師 丸山奈緒子 

メルマガ,ストレスをマネジメントしよう!

私は趣味で競技ダンスをしているのですが、練習場でときどき「やめてくれ~」と思う状況にでくわします。

それは何かというと、パートナー同士の言い争い。
それも、建設的なケンカというよりは、一方的な非難や罵倒を繰り返しているような姿です。

先日も「なんでそこでそうやって動くの!!」とか、「もう、どうしてこうしないのよ!!」というようなキンキン声を聞かされて、ほとほとうんざりしてしまいました。

もちろん、「もっとうまくなりたい」「競技会で勝ちたい」という上昇志向や目的意識があるゆえのことだとはわかります。
自分にも身に覚えはありますし、その思いはある意味とても「正しい」ので、一見文句のつけようはありません。

だけどその思いから生じる言動をぶつけられるパートナーの相手はたまったものではないでしょう。
部外者の私でさえも、余波で十分ダメージを食らうのですから。
それに本人も、あまり楽しくないように思うのです。
楽しいはずの趣味の時間を、不満ではちきれそうになって過ごすのですから。

こんなふうな、一見正しそうな、でも自分や周囲を苦しめるものはどこからきているのでしょう。

これは私たちが持つ、心の中の「信念」が関わっています。

しかもそれが、「非合理な信念(イラショナル・ビリーフ:irrational belief)」になっている場合でしょう。
イラショナル・ビリーフとは、「ねばならない」「べきである」というmust、shouldに代表される要求や命令、絶対的な考え方のことをさします。

以下はイラショナル・ビリーフの例です。
あなたはどのビリーフが当てはまっていますか?

  1. 私は完全でなければならない。間違いをしてはいけない。
  2. 私は人より優れていなければならない。勝たなければならない。
  3. 私は成功しなければならない。優れた成果を収めなければならない。
  4. 私はすべての人に好かれなければならない。
  5. 私はいつも人を喜ばせなければならない。
  6. 人生は公平でなければならない。
  7. 人は私の思い通りにやらせてくれるべきである。
  8. 人は私を正しく評価するべきである。
  9. 私が人のためにする行為を、彼らは感謝するべきだ。
  10. 人生は楽しむべきものでなければならない。

これらは、私たちが、自分自身や他人、人生そのものに対して当然のように求める要求ともいえます。
しかしこれらが常に叶えられるはずはなく、無茶な要求であることはすぐにわかります。

度が過ぎた要求は「がまんできない」状態や不平不満、非難につながり、強い不快感に至ることになります。

「ねばならない」と、「こうありたい(あってほしい)」は違います。
自分や他人に「ねばならない」と要求を突きつけていることに気づいたら、「望ましいこと」に変えてみてください。

「勝たねばならない」ではなく、「勝ちたい。(けれど、同じくみんなも努力している。そう簡単には勝てなくても、気長に練習していこう)」。
「私は常に優れた成果を挙げなければならない」ではなく、「優れた成果を挙げたい。(ただしいつでもフルパワーで走り続けられるわけではない。
ときには休んでもよいし、たとえうまくいかなくても後々の糧になるはずだ)」といった具合です。

不快に感じたときに、自分にどんな要求(ねばならない)を突きつけているのかを自問してみてください。
そして、それを柔らかに変える言葉を探してみてくださいね。

あらゆるお客様の「プロジェクトの成功」をサポートしていくことが、
アイシンクの最大の使命と考えております。

03-5909-0912 平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)
ホーム アイシンクの理念 プロジェクトマネジメントとは 導入事例
法人向けサービス
個人向け公開講座
企業案内
採用情報
インフォメーション