オンラインで公開講座&企業研修
新試験対応 PMP®試験対策講座
MENU 閉じる
閉じる
Information アイシンク インフォメーション
ホームアイシンクインフォメーション第63回:「言葉」が「現実」をつくる 

第63回:「言葉」が「現実」をつくる 

メルマガ,ストレスをマネジメントしよう!

みなさんは「自己成就予言」という言葉を知っていますか?

「このようになるのでは…」という未来への予言が、実際にそうなるような行動を無意識にとらせてしまい、結果的に予言したとおりの状況を現実に作り出してしまうことを言います。

恋愛中の多くの男女はこの「自己成就予言」によって、実るはずの恋愛も壊してしまっていること、よくありますよね。

「私のこと、本当は好きじゃないんでしょ」としつこく確認したり、すねてみせたりして、最初は「そんなことないよ、ちゃんと好きだよ」と言っていた相手も、最後はとうとう嫌気が差して「ああそうだよ、好きじゃないよ!」と言わせてしまうという…(涙)

消費行動などでもそうです。「モノが無くなる!」といううわさが立ったため、皆がいっせいにスーパーに買いに走り、本当に無くなる…ということも私たちは経験済みです。

こんなふうに、私たちは、口にしている「言葉」に影響されて、それが「現実」となるように動いていってしまうものです。

それだったら、ネガティブな予言より、ポジティブな予言をしたほうがいいですよね。

自分に対しても、他者に対しても、ポジティブな未来を成就させるように、予言してみませんか。

新入社員を迎える時期なら、「いや~今年の新入社員はいいね!」と、(まだなんの実績もないですけど)じゃんじゃん吹聴してみましょう。

回りまわってその言葉を耳にした新入社員は、「わぉ、期待されてる!」と思って、それはほんとうに頑張ってくれ、期待通りの「いい」感じになってくれるはずです。

皆さんご自身に対してもそうです。

初めて手がけることになった仕事に「ああ不安だなぁ…、うまくいきそうもないよ」と、頭の中が失敗のイメージで溢れてしまうようなこともあるでしょう。

そうなると途中で何らかの困難に出くわしたとき、「ああ、やっぱりうまくいかない!」と落ち込み、どんどん行動が縮こまってしまい、結果的に失敗を引き寄せてしまうかもしれません。

ですので、その仕事をうまくやり遂げたいなら、「ま、でも最後は自分はうまくやり遂げるだろう」と、(あまり根拠はないですけど)心の中で予言してみましょう。

そうすれば途中で困難に出くわしたとしても、「まぁ最後は成功するからね」と気楽に構えられ、ひるまず行動を続けることができ、結果的には成功を引き寄せていくものです。

「描いたほうに向かって動いていく」、この私たちの性質を、ぜひいい形で活かしてみませんか!

あらゆるお客様の「プロジェクトの成功」をサポートしていくことが、
アイシンクの最大の使命と考えております。

03-5909-0912 平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)
ホーム アイシンクの理念 プロジェクトマネジメントとは 導入事例
法人向けサービス
個人向け公開講座
企業案内
採用情報
インフォメーション