新試験対応 PMP®試験対策講座
新型コロナウイルスの対応
コロナ禍での「公開講座」の対応
オンラインで公開講座&企業研修
MENU 閉じる
閉じる

Information アイシンク インフォメーション

ホームアイシンクインフォメーション第118回:最近怒りっぽい人へヒューマンスキル系講師 丸山奈緒子

第118回:最近怒りっぽい人へ
ヒューマンスキル系講師 丸山奈緒子

メルマガ,ストレスをマネジメントしよう!

さて、皆さん、ご機嫌はいかがですか?
「実はなんだか最近、無性にイライラする…」という人も少なくないかもしれません。

それもそのはず、私たちはコロナのために、さまざまな未知の状況に直面してきました。

予測のつかない感染状況や、効果があるかどうか見えにくい対策、人の目を気にしながらの行動、いつまで続くかわからない自粛期間…と、とても不確かで不安の高まる状況に置かれ続けています。

そして「怒り」は「不安」がもとにあることがよくあります。

「いったいうちのビジネスはどうなるんだろう…(不安)
→それなのに部下たちはちっとも真剣に考えていない!(怒り)」

「これから我が家の経済状況はどうなるのだろう…(不安)
→それなのにこの人は無駄遣いばっかり!(怒り)」

なので、もしご自身が「なんで私はこんなにイライラしてばっかり」と思ったとしても、それはとても自然なことです。

ただ、そんな自分をちょっと持て余している人もいるかもしれませんね。怒りを溜めこむと心身の健康にとってもよくないですし、暴発させれば人間関係にひびを入れかねません。

「でも今までも、怒りを抑えようとしてもうまくいかなかったんだよな…」という人も多いでしょう。
「怒っちゃいけない…!」と必死で自分にブレーキをかけたのにも関わらず、「やっぱり怒ってしまった…」とあとで苦い思いをした人も少なくないのではないでしょうか。

そんなとき、怒っている自分に対して、厳しくするのではなく、優しくしてみてください。

私たちは他人に対しては優しくできるのに、自分に対してはとても厳しいことがあります。

他の人が怒っていたら一緒になって嘆いたり、泣いていたらなぐさめたりする人も、それが自分となると、冷たく突き放してしまうことが多いのです。

ですので、自分に対しても
「怒ってはだめだ!」「それぐらいで怒るなんて!」と押さえつけるより、
「怒りたくなるよね」「それぐらい不安なんだよね」「わかってもらいたいよね」と思いやりを示してあげましょう。

しばらく目を閉じて、ゆっくり呼吸をしながら、こんなふうに穏やかに自分に話しかけてみてください。そうすると、怒りは静かに波がひくように、穏やかになってくれるはずです。

まだまだ先が見えない毎日ですが、自分に思いやりをかけながら、
この後も心穏やかに過ごしていきましょう!

あらゆるお客様の「プロジェクトの成功」をサポートしていくことが、
アイシンクの最大の使命と考えております。

03-5909-0912 平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)
ホーム アイシンクの理念 プロジェクトマネジメントとは 導入事例
法人向けサービス
個人向け公開講座
企業案内
採用情報
インフォメーション