MENU 閉じる
閉じる

Information アイシンク インフォメーション

ホームアイシンクインフォメーション狩猟型プロジェクトマネジャーの哲学

狩猟型プロジェクトマネジャーの哲学

著書紹介

伊藤健太郎 ( 著)

生産性出版社
2010年10月12日発行
369 ページ
ISBN-10: 4820119559
ISBN-13: 978-4820119555
価格: ¥ 2,800 ( 税別)

表紙帯より

「不確実性と闘うあなたは、自分なりの哲学を持っているだろうか」

どんな仕事でも、成功に向けて自立的にコントロールしていく7人の狩猟型プロジェクト・マネジャーたち。
様々な業種での卓越した7人の思考をヒントに、自分流の考え方、自分の武器をつくろう。

<目次>

第一章 プロジェクトと人間

  1. プロジェクトからの挑戦
  2. 深い楽しみ

第二章 プロジェクトの本質

  1. プロジェクト自体の視点
  2. プロジェクトの世界観
  3. 変化とプロセス
  4. 甘い果実と苦い果実
  5. 第三章 狩猟型プロジェクト・マネジャー

1. 責任
 (1)戦略的意図 (2)真の責任 (3)選択肢 (4)判断
2. 解放
 (1)ネガティブフィードバック (2)存在しない壁 (3)野性的本能の解放と喜び
3. 戦い
 (1)未来との格闘 (2)納期との戦い (3)ステークホルダーとの戦い
 (4)海外プロジェクトでの戦い (5)プロジェクト終結との戦い
 (6)自分との戦い
4. プロジェクト・マネジャーの武器
5. 覚醒

第四章 批判的に思考する

  1. 変化が多いプロジェクトで、基本的なプロジェクトマネジメント知識は役立つか?
  2. 実践で経験を重ねる方が成長の上で効果的か?
  3. メンバーには自由を与えるのがいいかそれとも管理すべきか?
  4. リソース(予算、人、設備)は多い方がプロジェクトは成功できるか?
  5. 判断するときには、リスクをできるだけ避けるのがいいか?
  6. 理解できない人とのコミュニケーションはどうあるべきか?
  7. プロジェクト遂行は論理性重視と感情や感性の重視、どちらがいいか?

第五章 七人の狩猟型プロジェクト・マネジャーの哲学

1. 製品用のソフトウェア開発プロジェクト(業種・ソフトウェア)
– 東京エレクトロン ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社 –
2. 多国籍チームでの海外プロジェクト(業種・製造)
– 横河コーポレーション・オブ・アメリカ –
3. 「太鼓の達人」Wii 開発プロジェクト(業種・ゲーム・アミューズメント機器)
– 株式会社バンダイナムコゲームス –
4. 資本市場基盤に関するITプロジェクト(業種・電気機器)
– 株式会社日立製作所 –
5. DVD用接着剤開発プロジェクト(業種・化学)
– 日本化薬株式会社 –
6. 温室効果ガス観測技術衛星「いぶき」開発プロジェクト(業種・官庁/公共)
– 独立行政法人宇宙航空研究開発機構 –
7. 社内の新制度である「カンガルースタッフ」プロジェクト(業種・化粧品)
– 株式会社資生堂 –

第六章 組織のサポートのあり方

1. 狩猟型プロジェクトマネジャーの組織としての価値
 (1)組織の付加価値の増大、戦略目的の達成確率の向上 (2)幹部育成
2. 狩猟型プロジェクトマネジャーの育成
 (1)選抜 (2)指導 (3)最小限のサポートとレビュー
3. 狩猟型プロジェクトマネジャーのサポート
 (1)プロジェクト・メンバーのトレーニング
 (2)プロジェクトの成功及び失敗の教訓の利用
 (3)上部マネジメントまたは上司-プログラム・マネジャーとしての役割

第七章 組織と社会の変革

1. 狩猟型プロジェクト・マネジャーの活躍できる社会
2. 社会的課題のプロジェクト化

あらゆるお客様の「プロジェクトの成功」をサポートしていくことが、
アイシンクの最大の使命と考えております。

03-5909-0912 平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)
ホーム アイシンクの理念 プロジェクトマネジメントとは 導入事例
法人向けサービス
個人向け公開講座
企業案内
採用情報
インフォメーション