プロジェクトマネジメントのアイシンク
  • 企業研修
  • 公開講座
  • コンサルティング
  • PMドック
  • PMラボ
  • アイシンクについて

新着情報


2016年 PMAJ表彰式にて優秀貢献賞を受賞

2016.9/1

これまでのプロジェクトマネジメントへの貢献に対し、当社代表の伊藤が日本プロジェクトマネジメント協会より優秀貢献賞を表彰いただきました。

伊藤健太郎 PMAJ2016 優秀貢献賞受賞
PMAJ2016 表彰状

受賞を励みに、プロジェクトマネジメントの普及と発展、さらなる進化を目指して邁進して参ります。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

PMI®へのPMP®受験料お支払い手続きに関するご注意

2016.2/5

PMP®認定試験を受けられる方へご案内申し上げます。

現在、PMI® Webページの障害により、受験料のお支払いに関して正常にお手続きができない可能性がございます。

不具合が解消されるまでお手続きを少しお待ちいただきますようお願い致します。(解消され次第、当ページにて続報をご案内いたします)

尚、試験料の支払い処理が完了されている方は、Eligibility Letter(受験票)のランゲージエイド(Language Aid)の指定が正しく設定されているか (日本語で受験される方はJapaneseが設定されているか) 必ずご確認ください。

試験料支払い時にランゲージエイドの「指定を忘れた場合」/「指定ができなかった場合」/「指定が正しく反映されていない場合」のいずれにかかわらず、試験当日にプロメトリック社の試験会場でランゲージエイド選択を変更することはできません。

ランゲージエイドが正しく設定されていない場合は 以下、アジアパシフィックサービスセンター カスタマーケア担当 に修正をご依頼ください。(日本語でのお問い合わせが可能です)

宛先: PMI Asia Pacific Service Center PMI Japanese support様
(PMIアジアパシフィックサービスセンター )
所在地: シンガポール
E-mail: AsiaPAC.CustomerCare@pmi.org
TEL: +65-6496-5501 (国際電話のかけ方は、貴社内の規定をご確認下さい)
FAX: +65-6496-5599

メールの本文には、以下を入れて下さい。

  • @お名前(フルネーム、英語表記)
  • AE-mailアドレス
  • BPMI ID(受験票にあるPMI IDENTIFICATION CODEのE以下を除く数字)

PMP® の出題内容の変更について

2015.8/20

本年5月に、PMIから「PMPの出題内容が2015年11月2日から変更になる」旨の発表がありましたが、8月になって新内容への変更実施日を11月2日から2016年1月12日に延期する旨の連絡がありました。

実施時期の延期だけで、内容自体には変更はありません。つまり、プロジェクトマネジャーの役割について、現行の各プロセス群の「タスク」に追加、修正、削除です。

確実な合格を目指すのであれば、現行内容でのPMP受験をお薦めいたします。そのためには、

  1. 10月末までに集合研修を受講
  2. 11月末までに模試を受け、12月初旬までに本試験受験

が望ましいと思われます。

発表のありました追加タスクは以下の通りです。

〔立上げプロセス群〕

以下の3タスクが追加されました。

  • タスク2:「ビジネス要求に基づいた主要成果物の特定」
  • タスク7:「便益分析の実施」
  • タスク8:「承認済みプロジェクト憲章のステークホルダーへの通知」

〔計画プロセス群〕

以下の1つのタスクが追加されました。

  • タスク13:「ニーズ、関心事、潜在的影響などの分析を通したステークホルダー・マネジメント計画書の作成」

〔実行プロセス群〕

以下の2つのタスクが追加されました。

  • タスク6:「コミュニケーション計画に沿った情報経路のマネジメント」
  • タスク7:「ステークホルダー・マネジメント計画書に沿ったステークホルダーとの関係維持」

〔監視・コントロール・プロセス群〕

以下の2つのタスクが追加されました。

  • タスク6:「教訓マネジメントの実施」
  • タスク7:「調達計画に沿った調達活動の監視」

〔終結〕

(追加タスクなし)

現時点で判明しているのは以上です。
引き続き続報が入り次第、お伝えいたします。

新CCR適用の変更内容について(PMP資格保持)

2015.4/28 (2015.12/21更新)

2015年12月より、新CCRの適用が開始されました。
但し、完全適用となるまでは、資格更新の期限によって更新条件が異なります。
以下をご参照ください。

[適用時期]

  • 移行期間:2015年12月1日〜2017年11月30日まで
  • 完全適用:2017年12月1日から

[変更内容]

ポイントは以下の2点です。

  1. PMI Talent Triangle を取り入れた申請への変更:
    現行では「教育区分」「ギブバック区分」の2つのエリア内にあるカテゴリー(A〜F)ごとに登録していましたが、それが改められ、「教育区分」は新しく"PMI Talent Triangle" の3つのスキル・カテゴリーごとに申請するようになります(「ギブバック区分」は、今までと同様)。
    PMI Talent Triangle とは以下の3つです。
    1. リーダーシップ
    2. テクニカル・プロジェクトマネジメント
    3. ストラテジック&ビジネスマネジメント
  2. 2つのエリア内の申請PDU制限が変更:
    現行の「ギブバック区分は45PDU まで」の制限が、「25PDUまで」に変更になる予定です(PM実務は最大8PDUまで)。
    一方、「教育区分」は最低でも35PDUが必要になり、それも3つのスキル・カテゴリーでそれぞれ最低8PDUの取得が必要となります。
    ただし個々の資格有効期限によって更新条件が異なりますので、以下の表をご参照ください。
2015年12月1日開始: 資格有効期限
2015年12月1日〜2017年11月30日 2017年12月1日以降
@ 新CCRフォーマットに基づいてPDUsを分類する必要がある Yes Yes
A 資格更新のために教育カテゴリーおよび3つのスキルの必須PDUを満たしている必要がある No Yes
B ギブバックカテゴリーで新しい取得可能な最大PDU数が適用される No Yes

新CCRの適用

プロジェクト未来予測システム「ONIGAWARA」プレスリリース配信

2015.4/1

@Press News様にてONIGAWARAのプレスリリース配信を開始しました。

プロジェクト未来予測システム「ONIGAWARA」始動

2015.3/31

プロジェクトの未来を予測するシミュレーション機能と、プロジェクトの教訓や課題を組み込む学習機能を兼ね備えた”進化する未来予測システム”登場です。

PMP試験会場の変更について

2015.1/6

プロメトリック社のPMP試験会場の一つ、東京都南麻布のテンプル大学が2014年12月20日をもって除外されました。

よって、日本国内のPMP試験会場は、東京・御茶ノ水と大阪・中津の2か所に集約されました。
これから受験をお考えの方はご注意ください。

第8回アイシンクユーザーフォーラム

2014.12/3

弊社サービスをご利用頂きましたお客様限定で年に一度開催しております、当フォーラムもおかげさまで今年で8回目を迎えました。
10月17日(金)に開催しましたフォーラムの様子を掲載いたしました。

PMP®試験会場移転のお知らせ

2014.4/18

PMP®資格試験の試験会場が、5月より一部変更になります。

<廃止>:茅場町、横浜

<新設>:お茶の水(ソラシティ)

※試験に関する問い合わせ窓口である、プロメトリックの事務所は2014/4/1付でソラシティ内に移転済みです。
 電話番号は03-6204-9830になります、ご注意ください。

「WBT交流分析入門講座」スタート

2013.7/1

WBT(e-ラーニング)コンテンツに「WBT交流分析入門講座」が新登場いたしました。

イラスト豊富でわかりやすく、楽しみながらコミュニケーションのポイントが学べます。

PDU維持に、スキルアップに、ぜひご活用ください。

SRP記事 日経産業新聞掲載

2013.6/24

大学生・大学院生向けリーダー育成プログラム「SRP (Super Rookie Program)」が、6/20(木)の日経産業新聞(P.19)に掲載されました。

PMP®試験 試験内容の改訂について

2013.1/23

2013年に第5版(英語版)が発刊されたことに伴い、2013年7月31日よりPMP®資格試験が第5版の内容に改訂されます。

また、PMBOK®ガイド第5版の日本語版は2013年の第4四半期(10月〜12月)に出版予定のため、日本語版の発刊前に試験が第5版対応に切り替わることになります。

尚、試験はこれまで通り日本語で受けられます。

新規公開講座「WBS講座」追加

2012.5/15

個人よりご利用頂けます公開講座に、新たに「WBS講座」が加わりました。

PMI®会員費用の改定について

2012.3/7

2012年4月1日より、PMI®会員の年会費用が変更となります。

現行価格:<初回時>129USドル <更新時>119USドル

新価格:<初回時>139USドル <更新時>129USドル

共に10USドルの値上がりです。

PMP試験日の変更・キャンセルについて

2012.3/6

2012年4月1日より、試験予約日から30日以内に試験日の変更、または受験をキャンセルした場合、70USドルの費用が発生します。

試験予約日から2日以内の日程変更・キャンセルはできず、全額負担となります。
試験予約日から31日以上前に日程変更・キャンセルする場合、費用は発生しません。

合わせてご注意ください。

※試験予約日とは、PMP受験予定日を指します。受験日程の予約・修正をした日ではございません。

公開講座『リーダーシップとチームビルディング講座』が教育訓練給付金制度対象に認定

2011.12/16

公開講座 リーダーシップとチームビルディング講座が、教育訓練給付金制度の対象講座に認定されました。

雇用保険に(満一年以上)加入している在職者の方、または加入していた離職者の方は、当講座受講終了後にハローワークにて申請を行うことで、講座料金の最大20%、すなわち 94,500円×0.2 = 18,900円までの返金を受けられます。

現在お申込み受付中の講座は、全て上記対象となっております。この機会にぜひご利用ください。

※教育訓練給付金制度ご利用上の注意

本制度は講座費用を個人で負担される方が対象です。
会社が費用を負担される場合は対象外となり、制度の利用ができませんのでご注意下さい。

『Super Rookie Proram』情報ページ公開

2011.10/21

学生向け人材育成(Super Rookie Program)ページを追加しました。

東京大学と共同で学部4年生、修士課程の大学院生向けに、企業で活躍するためのプロジェクトマネジメント、ヒューマンスキル育成プログラムに取り組んでいます。

8/31(水)以降のPMP試験結果について

2011.8/24

2011年8月31日(水)よりPMP資格試験の内容が改訂されます。

それに伴い、8月31日以降のPMP受験者については、試験当日に試験結果を受け取ることは出来ず、10月中旬までには試験の結果がお手元に届く見込(予定)となっています。

※2011/10/20現在、従来通りその場で試験結果がわかるようになったとのことです。

『プロジェクトマネジメント入門講座 無料デモ&説明会』開催

2011.6/30

2011年7月15日(金)15時-17時の開催が決まりました。

講師の実体験を交えたわかりやすい説明と実践に役立つノウハウ等でご好評いただいております、プロジェクトマネジメント入門講座を無料でご体験いただけます。

『人材教育 7月号』に記事を掲載

2011.6/30

日本能率協会様発行・人材開発の実践情報誌「人材教育」7月号に、当社代表の伊藤健太郎による「プロジェクトを成功させる狩猟型プロジェクトマネジャー」と題した記事が掲載されました。

公開講座 プログラムマネジメント概要講座 臨時開催

2011.6/2

地震の影響で中止とさせて頂いておりましたが、8/26(金)に臨時開催の運びとなりました。

『企業と人材 5月号』に記事を掲載

2011.3/14

産労総合研究所様発行・人と組織の力を高める人材開発情報誌「企業と人材」5月号のコーナー「教育コンサルタントの自画像」に、「「グローバルリーダー」に求められる2つのコアスキル」と題し、当社講師の丸山奈緒子が寄稿しました。

東京地区のPMP資格試験の実施状況

2011.3/14

プロメトリック株式会社のWebページにて開催状況が案内されておりますが、地震や停電により、試験が中断される可能性が高く、会場への交通の規制もあるため、試験予約をされている方につきましては、4月以降での試験日の変更をご提案しているようです。

通常、試験予約日より48時間以内の変更はできませんが、現在は電話でのご変更が可能のようです。変更ご希望の方は、直接プロメトリック予約センターへお問い合わせください。

また、交通機関の停止や遅延、その他のご事情で受験に至ることができなかった場合は、PMIアジアパシフィックサービスセンターまでご連絡ください。

※以上は 3/14(月) 9時現在の情報です。
 内容は随時変更が入る可能性がございますこと、ご了承ください。

公開講座『交流分析入門講座』新設

2011.3/2

個人よりご利用頂けます公開講座に、新たなヒューマンスキル系講座が加わりました。
当社講座は全てPDU発給対象です。ぜひご利用ください。

公開講座 2011年度開催日程のご案内

2011.2/24

個人からご利用頂けます、公開講座の平成22年度分開催予定を追加いたしました。

PMP試験対策講座(公開講座)3月の追加日程ご案内

2011.2/10

PMP試験対策講座(公開講座・1名から参加可能)につき、以下の日程を追加いたしました。

週末をメインとした開催となりますので、これまで「平日は業務で講座参加が出来ない」という方にお勧めのスケジュールです。

■ PMP試験対策講座 開催日程

  • 集合研修: 3月12日()・13日()・14日(月)
  • 模擬試験: 4月16日(
  • 開催場所: 新宿センタービル 弊社セミナールームを予定
    ※新宿西口近隣会議室に変更となる場合があります。

新しいPMP資格更新制度について

2011.1/28

PMPの資格更新につきまして、2011年3月1日よりPDUカテゴリが新しくなります。現在すでに取得済みのPDUがある場合は、2月中にご申請下さい。

■ 変更内容

従来はカテゴリーの構成が「1〜5」でしたが、今後は「A〜F」となります。

例えば、REPによるプロジェクトマネジメントに関する教育を受講した場合、今までは「Category 3」を選びましたが、3月からは「Category A」を選択することになります。

なお、3年のCCRサイクル内に資格更新が必要となること、また資格維持のために必要となるPDU数につきましては変更はございません。

弊社Webページでご案内しております「PMP資格更新について」の内容は、後日更新する予定です。

PMP試験対策講座・無料説明会 開催スケジュールを追加

2011.1/18

短期集中・高合格率でご好評のPMP試験対策講座につきまして、講義を実際にご体験頂けます無料の説明会を2011年2月21日(月)に開催いたします。

『Microsoft Project基礎講座1日コース』 緊急特別開催!

2010.12/14

Microsoft® Projectを使用したスケジュール管理が学べる1日講座を12/27(月)に開催いたします。

スケジュール作成、進捗管理からレポートの作成まで、Microsoft Projectに実際に触れながら学べる講座です。

コンサルティング経験を持つ講師がポイントを分かりやすく解説いたします。

『狩猟型PM度チェック』新設

2010.12/3

あらゆるプロジェクトを自律的に成功へ導くプロジェクトマネジャーを「狩猟型プロジェクトマネジャー®」と定義し、その狩猟型PM度を手軽に確認できるチェックページを新設しました。

公開講座『アサーション入門』新設

2010.11/15

アサーションとは、適切な自己主張のことで、ビジネスの場面においては、Win-Winを目指すコミュニケーションといえます。

プロジェクトチームをまとめていく上で欠かせない「アサーションスキル」を身につけ、チーム内のトラブル解決やメンバーの行動改善を促すための、効果的なコミュニケーションが図れるリーダーを目指しましょう。

第3回 人材育成フォーラム開催のお知らせ

2010.10/27

人材育成のヒントとしてご好評いただいております、無料の人材育成フォーラムを12月3日(金) 14:00〜16:30、東京都内にて開催いたします。

今回のテーマは、「組織を健康にする心理学的アプローチ」として、昨今悪化傾向にあるという従業員のメンタルヘルスに焦点を当て、「健康組織」の形成に向けたエッセンスをヘルスサイコロジー研究所所長の松田与理子氏よりご紹介頂きます。

個人向けPMP試験対策講座が教育訓練給付金制度対象に認定

2010.9/10

2010年10月以降開催の、個人向け(公開講座)PMP試験対策講座が、教育訓練給付金制度の対象講座に認定されました。

雇用保険に(満一年以上)加入している在職者の方、または加入していた離職者の方は、当講座受講終了後にハローワークにて申請を行うことで、講座料金の最大20%、すなわち 237,600円×0.2 = 47,520円までの返金を受けられます。
(消費税8%での金額)

現在お申込み受付中のPMP試験対策講座は、全て上記対象講座となっております。この機会にぜひご利用ください。

※教育訓練給付金制度ご利用上の注意

本制度は講座費用を個人で負担される方が対象です。
会社が費用を負担される場合は対象外となり、制度の利用ができませんのでご注意下さい。

PMI米国本部のホームページ デザイン変更について

2010.9/9

PMI米国本部のホームページにおきまして、全体のデザインが変更されました。

これに伴い、PMIの個人ページへのログインボタンが、左上方から右上隅へ移動しました。

またログイン後は、「My Status」の中の「My Certification Status」の下にございます「Certificate Information and Application」をクリックすると、申請手続きを実施する画面へ移行致します。

個人ページご利用の方はご留意ください。

PMP試験対策講座・無料説明会を開催

2010.8/31

短期集中・高合格率でご好評のPMP試験対策講座につきまして、無料の説明会を開催いたします。

講義を実際にご体験頂けます。

公開講座スケジュールを追加

2010.7/16

2010年度下期分の公開講座スケジュールを追加いたしました。

キャンペーン価格の公開講座を新設

2010.5/14

おかげさまで、アイシンクは創立より10周年を迎える運びとなりました。
これを記念しまして、下記公開講座をキャンペーン価格にてご提供申し上げます。

※( )内はアイシンクの講座を過去にご利用頂きましたお客様へのサービス価格です。

2011年3月末のお申込みまで有効です。この機会にぜひご利用ください。

公開講座新コースを追加

2010.4/16

公開講座のコースに、新たに「プログラムマネジメント概要講座」が加わりました。

複数プロジェクトのマネジメント規範たる、プログラムマネジメントをわかりやすく解説いたします。ぜひご利用ください。

公開講座スケジュールを追加

2010.3/18

Microsoft Project実践講座、4月公開の1クラス(4/19(月)〜4/20(火)開催)を追加いたしました。

講演情報を追加

2010.3/18

本年3月に行いました、

  • 新規開発プロジェクトを成功に導ける狩猟型プロジェクトマネジャーの可視化と育成
  • プロジェクトを成功に導ける狩猟型プロジェクトマネジャーとは 〜失敗に学ぶPMの本質〜
以上2講演の情報を追加しました。


新規公開講座の追加

2010.3/12

個人様よりご利用頂けます公開講座に、新たに

  • プロジェクトマネジメント入門講座
  • EVM講座
  • リスクマネジメント講座
  • リーダーシップ講座 チームビルディング編 〜リーダーに求められる人間関係力〜
という、4つの講座が加わりました。

各講座の詳細につきましては、

の、各ページをご参照ください。

PMI® WebサイトのPDU登録画面変更について

2009.9/3

PMP® 資格更新に必要な、PDUのオンライン登録画面が従来のものから変更になっています。PDU登録の具体的な手順は以下のようになります。
詳しくはPDU申請(CCR活動報告)の方法をご参照下さい

  1. PMIのトップページ(http://www.pmi.org/)にアクセスし、ユーザー名とパスワードを入力後、ログインして下さい。
  2. 画面左側「Certification Status」の「View PDUs」をクリックして下さい。
  3. 「Continuing Certification Requirements System」の画面右上に表示されます<www.PMI.org/CCRS>をクリックすると、PDU申請システムへリンクし、申請状況が表示されます。
  4. PDU登録の際には、画面左上に表示される「Report professional development units(PDUs)」をクリックし、お手続きを進めて下さい。

(付記)先日、オンライン登録画面が利用できなくなるトラブルが発生しました。これに対しまして、PMP® 資格有効期限が2009年8月19日から8月31日(米国時間)に該当する方は特別措置がある模様です。
(期限が2009年9月14日まで延長になるとのことです)

詳しい情報につきましては、PMI® アジアパシフィックサービスセンター(E-mail: customercare.asiapac@pmi.org)までお問い合せ下さい。

SSH(スーパーサイエンスハイスクール)参画

2009.7/23

当社代表の伊藤健太郎が、平成21年度からの5年間、SSH(Super Science Highschool; スーパーサイエンスハイスクール)に認定された、「神奈川県立神奈川総合産業高等学校」の教育研究開発に係る運営指導委員会委員に委嘱されました。


公開講座新コースを追加

2009.6/23

公開講座のコースに、新たに「PMBOK®ガイド第4版 改訂解説講座(1日)」が加わりました。

4年ぶりに刷新されました、PMBOK®ガイドの最新版に対応し、第3版との違いを中心に実務への応用に役立つ知識と共にわかりやすく解説いたします。ぜひご利用ください。

HRカンファレンス 講演レポート公開

2009.4/6

2009年3月2日(月)に行われました、HRカンファレンスの講演レポートが、「日本の人事部」様Webページにて公開されました。

※別ウィンドウにてリンク先を開きます。

PMBOKガイド 第4版 情報掲載中

2009.1/21

2008年末よりいよいよ公開が始まりました、PMBOK®ガイド 第4版の情報につきましてご紹介します。

→ 特設解説ページへ

公開講座に新コースを追加

2008.10/31

新たに「セルフ・ストレスマネジメント」と「チーム・ストレスマネジメント」の2講座が加わりました。

講演「狩猟型プロジェクトマネジャーを育成する」

2008.9/5

主催 財団法人エンジニアリング振興協会(ENAA)
特定非営利活動法人日本プロジェクトマネジメント協会(PMAJ)
講師 伊藤健太郎
会場 タワーホール船堀
日時 2008年9月4日(木) 16:40〜17:30

プロジェクトを成功できるプロジェクトマネジャーを育成するには、本人の意思だけでなく、実務での経験と適切なコーチング的サポート環境が必要です。しかし、現実にはリーダーシップスキルを磨く機会など、組織が計画的に準備することは容易ではありません。
そこで、どのような視点と方法で結果を出せる(狩猟型と呼んでいます)プロジェクトマネジャーの育成を組織がサポートしていくのがいいのかを、心理学的視点、コーチング、シミュレーション型トレーニングなどの総合的な視点で考察していきました。

PMP資格更新期限の変更

2008.8/14

2008年8月下旬より、これまで12月31日に固定だったPMP資格更新期限が各個人のPMP資格取得日へと変更になりました。
2008年8月中旬以前に資格を取られた方は、ルール変更に伴い一時的に更新期限が延長されます。

新しいPMI認定資格

2008.2/21

PMIより、New PMI Credentials for Project Management in Development として、2つの資格の登場予定が発表されています。PMIのWEBサイトによると、詳細はまだ発表されていませんが、プロジェクトスケジュールとプロジェクト・リスクに関して、それぞれ2008年中に新資格として登場する予定です。詳細が告知され次第本サイトでもご案内予定です。

「実践・プロジェクト・マネジメント」 ハーバード・ビジネス・レビュー 連載PR記事

2008.2/18

ダイアモンド・ハーバード・ビジネス・レビューに、HBR編集長岩崎卓也氏と弊社代表の伊藤健太郎の対談連載PR記事「実践・プロジェクト・マネジメント」が掲載されています。

各号の内容は、

  • 第1回:プロジェクトに対する基本的な考え方(2007年10月号)
  • 第2回:成否を分けるポイントはどこにあるのか(2007年11月号)
  • 第3回:組織としての支援によってプロジェクトの質向上を(2007年12月号)
  • 第4回:プロジェクト・マネジャーに求められる資質とは(2008年1月号)
  • 第5回:ハイ・パフォーマンスを生むチームをいかに作るか(2008年2月号)
  • 第6回:不確実性時代のプロジェクト・マネジメント(2008年3月号)
となります。

2006年2月〜4月の公開講座スケジュール

2006.1/12

2006年2月から4月までの公開講座スケジュールが決まりました。PMP取得後、PMBOK学習後のブラッシュアップに最適な講座です。ぜひ、ご参加ください。

公開講座を開催します

2005.9/6

個人でご受講いただける公開講座を開催いたします。
PMPを既に取得している方のPDU維持等に最適な講座です。
ぜひ、ご参加ください。

プロジェクトチームはなぜ崩壊するのか

2005.7/9

9月2日(金)10:00〜PMシンポジウム2005にてセミナーを開催

今年9月に開催されるPMシンポジウム2005にて、『プロジェクトチームはなぜ崩壊するのか<プロジェクトマネジャーのリーダーシップのあり方>』と題し、セミナーを行ないます。ぜひ、ご参加ください。

【セミナー概要】

PMシンポジウム2005
プロジェクトチームはなぜ崩壊するのか
<プロジェクトマネジャーのリーダーシップのあり方>
アイシンク株式会社
代表 伊藤健太郎

会期:2005年9月2日(金)
会場:タワーホール船堀(江戸川区総合区民ホール)
主催:財団法人エンジニアリング振興協会(ENAA)、日本プロジェクトマネジメント・フォーラム(JPMF)

<セミナーの狙い>

プロジェクトを遂行するのは手法でも理論でもなく、チームである。また、プロジェクトの失敗の理由はツールや技法ではなく、人にある。しかし、プロジェクトの成功に大きな影響を与えるプロジェクトチームを効果的に機能させるのは容易ではない。今回のセミナーでは、プロジェクトマネジャーはどのようにリーダーシップを発揮し健全なチームを作っていったら良いのかを理論と現実的な側面を基に検討していく。

<セミナーコンテンツ>

@チーム崩壊の理由、A高パフォーマンスチームを作り上げるのに必要なもの、Bプロジェクトマネジャーに必要なヒューマンスキル、Cショートケース等

<受講をお奨めする方>

@プロジェクトマネジャーやメンバーの方、Aプロジェクト関係者、Bプロジェクトマネジャー育成に興味や責任がある方、Cプロジェクトのチームのパフォーマンスを上げるのに悩んでいる方

『時代に挑戦する注目企業100社』に当社が掲載されました

2005.6/24

江辺 聡著 『時代に挑戦する注目企業100社』 PHP研究所 のP168〜に当社が取り上げられました。

当社のプロジェクトマネジメントへの取り組みが掲載されています。
ぜひ、ご一読ください。

ウェブサイトが新しくなりました

2005.6/23

6月22日より、当社ウェブサイトが新しくなりました。
わかりやすく、役に立つウェブサイト構築に今後も取り組んでいきます。
ご期待ください。

ウェブサイトへのご意見・ご感想は下記のメールアドレスにお送りください。

【ウェブサイトへのご意見・ご感想】

広報 pr@i-think.co.jp

2005年秋よりPMP試験が変わりました

2005.6/22

2005年秋よりPMP試験の一部が変更になりました。

【試験の変更起点日】

  • 2005年9月30日

【試験内容変更点】

  • 200問の試験問題に合否に関係のない試験問題が25問含まれます。
  • 合否に関係のない25問を除いた175問のうち、106問以上正答すれば合格となります。
  • 試験は受験票の1年間の有効期限内に3回まで受験可能です。3回目の試験で不合格となった場合、3回目の受験日から1年後に受験が可能になります。

【受験申請変更点】

  • プロジェクトごとに連絡先を記載する必要があります。Auditの対象となった場合、プロジェクトごとの連絡先に確認が取られるようになりました。
  • 申請書の審査がより厳密に行なわれるようになりました。

【2000年版の試験内容で受験するためには・・・】

  1. 2005年8月29日までに受験申請を行なう
  2. 2005年9月24日までに受験する

の2点をお守りください。

【再試験について】

  • 2000年版→2000年版の再試験は、初回の試験日から1年以内であれば、2回まで可能です。2回目の再試験で不合格となった場合は、第3版の試験にお申し込み頂く必要があります。
  • 第3版の再試験は、1年間の有効期間内に2回まで可能です。2回目の再試験で不合格となった場合は、2回目の再試験日から1年後に再試験可能となります。

本社移転のご案内

2005.6/1

謹啓 新緑の候いよいよご清栄の事とお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り厚くお礼申し上げます。
さて、このたび弊社本社を6月13日より新宿センタービル内に業務移転する運びとなりましたのでご案内申し上げます。
これもひとえに皆様の温かいご支援の賜物と深謝申し上げます。
今後もビジネスパートナーとしてコミュニケーションを深め、皆様にお役立て頂きますよう努力いたす所存でございますので、なにとぞ一層のご愛顧を賜りますようお願いいたします。

謹白
平成17年6月吉日
アイシンク株式会社
代表取締役 伊藤 健太郎

新住所     〒163-0632 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル32階
新電話番号  03-5909-0912 新FAX番号  03-5909-0918
業務開始日  平成17年6月13日