MENU 閉じる
閉じる

先輩社員の声

ホーム先輩社員の声 › PMP®専任講師
PMP®専任講師

受講生の皆様から試験合格のご連絡をいただくときが最も嬉しい瞬間です。

入社:2015年
年齢:60代
前職:大手コンピュータメーカーにて、大規模汎用ソフトウェアの開発およびマネジメント、社員研修施設の設立・運営・講師業務に従事

アイシンクを選んだ理由

定年退職後「週3日程度の勤務形態」「前職での経験を生かせる仕事」という条件で求職活動を行い、アイシンクに出会いました。アイシンクの特色は、非常に高いスキルを持ったプロフェッショナル講師の集団であること。社員が尊重され、働きやすく、講師同士が切磋琢磨しお互いを高め合う雰囲気があり、刺激的で充実した会社生活を送れることがアイシンクを選んだ理由です。私の場合、ベストマッチでした。

生かせる前職の経験

前職では、海外パートナーとの共同開発、インド・中国などのオフショア開発センターの設立、ソフトウェア開発子会社の立上げ、部門の経営プロセス革新および事業計画策定スタッフ、自社の歴史・DNAの保存・研修施設の設立・運営・講師などいろいろな業務を経験してきました。特に数百人に及ぶ大規模開発プロジェクトのマネジメント経験や、海外パートナーとの共同開発プロジェクトで得た失敗の経験は、受講生の皆様の理解度を深める具体例として大いに役立っています。

PMP®講師職のやりがい

PMP®講師職は、受講生のPMP®試験の「合格率」という明確な指標があり、結果がデジタルに出ます。努力の結果が数字に出る反面、ごまかしが効かないというシビアな世界でもあります。しかし、教材を改善し講義内容を工夫した成果が形になって表れたときの喜びは何物にも代えがたいものです。受講生の皆様から試験合格のご連絡をいただく瞬間が何よりも嬉しく、やりがいに繋がっています。

応募を検討している方へのメッセージ

弊社のPMP®試験対策講座の受講者層は、ある程度のプロジェクトマネジメント経験を持ち、さらに一段のスキルアップを目指してPMP®資格取得に挑戦しようとする方です。受講生の皆様は「PMP®試験に合格する」という明確な目標をもって参加されます。したがって、講座の内容は「試験対策」の色彩が強く、講師に求められるスキルは予備校の教師に近いかも知れません。講師自身がPMP®資格を持っていることが必要ですが、これは入社してから取得することもできます。私自身がそうでした。むしろ、ご自身の経験を交えて知識を体系的に分かり易く説明できること、受講生の皆様が育っていくことに喜びを見いだせることが重要です。マネジメント経験があって人に教えるのが好きな方、私達と一緒に仕事をしてみませんか。

あらゆるお客様の「プロジェクトの成功」をサポートしていくことが、
アイシンクの最大の使命と考えております。

03-5909-0912 平日 9:00〜18:00 (土日祝除く)
ホーム アイシンクの理念 プロジェクトマネジメントとは 導入事例
法人向けサービス
個人向け公開講座
企業案内
採用情報
インフォメーション