プロジェクトマネジメントのアイシンク
  • 企業研修
  • 公開講座
  • コンサルティング
  • PMドック
  • PMラボ
  • アイシンクについて

リスク・マネジメント講座

Home > 公開講座 > リスク・マネジメント講座

リスクのないプロジェクトはありません。プロジェクト開始時に、リスクを洗い出し、事前に対策をたてておくことが、時間とコストを節約して、プロジェクトを成功に導きます。このリスクをコントロールするのが、リスクマネジメントです。当講座で、リスクマネジメントプロセスを学習することにより、プロジェクトのリスクを見える化して、プロジェクトの成功確率を上げることが出来ます。
講座名 リスク・マネジメント講座
期 間  1日
受講料 42,000円(税別)
PDU  7PDU (Technical: 6PDU, Leadership: 0PDU, Business and Strategic: 1PDU)
開催場所 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル 33階
アイシンク株式会社 社内セミナー室
開催日時 (お申込締切日)
  • 2017/12/19(火) (12/11 〆切)
  • 2018/2/8(木) (1/31 〆切)

 9:30 〜 17:30 開催

※受講者3〜8名であれば、各講座とも臨時開催のご相談を承ります。こちらのフォームよりお問合せください。
※受講者9名以上の場合は、別途こちらのフォーム からお問合せください。

★ご参加にあたる注意点

  • 受講料には別途消費税がかかります。
  • 本講座はプロジェクトマネジメントの一領域としてのリスク・マネジメントに関する講座です。
    法務上のリスク管理やコンプライアンスに関わる内容ではございませんので、ご注意ください。
  • 本講座への同業者の方のご参加はお断り申し上げます。
    予めご了承頂きますようお願い申し上げます。
  • 最少開催人数は3名となります。

→ 公開講座へよくあるご質問(FAQ)はこちら

概 要 体系的なリスクマネジメントの考え方・プロセスを理解して、ケース演習を通して実践的なリスクマネジメント能力を高めます。
ねらい リスクのないプロジェクトはありません。そのリスクをコントロールして、プロジェクトの成功確率を向上させる体系的なリスクマネジメントを習得します。
達成目標 リスクの本質を理解し、適切なリスクマネジメントプロセスが実践できるスキルを習得して、プロジェクトの成功確率を上げることができるようになること。
対象者
  1. 1. 体系的にリスクマネジメントを理解・習得したい方。
  2. 2. 現在および将来のリーダー、プロジェクトマネジャー、またはラインマネジャー。
  3. 3. IT, 製造、商品開発等に携わっている方
受講後の成果 リスクマネジメントの考え方を理解し、リスクに対して様々な視点での把握ができ、現実的に対応できる実務スキルを習得できます。

※この講座では、講座前に簡単なWebアンケートを行っています。
講座についての期待事項を講師が把握することで、充実した講義になるよう努めています。

カリキュラム概要
午前 午後
  • 1.リスクとは?
    • リスクの本質と特性
    • 既知のリスクと未知のリスク
  • 2.リスクマネジメント計画
    • リスクはゼロになるか?
    • リスクリミットの考え方
  • 3.リスクの洗い出し(リスク識別)
    • リスク洗い出しの手法
    • リスクブレークダウンストラクチャー
  • 4.リスクの定量化
    • PIマトリックス
    • デシジョン・ツリー分析
  • 5.リスク対応計画
    • リスク戦略・コンティンジェンシー計画
    • リスク対応計画書
  • 6.リスク監視・コントロール
  • 7.リスクのクローズアウト
  • 8.リスクマネジメントのコツ

  • Case Study:
     電子カルテシステム構築プロジェクトのケースに基づいて、リスク洗い出し、リスク定量化、リスク対応計画等の一連のプロセスを遂行して、リスクマネジメントプロセスが実践できるようになる
受講生の声
  • こちらのわかりにくい質問にも、積極的に理解しようとして頂きコミュニケーションが取りやすかった。
  • 事例、サンプルなど取り込んだ講義は、具体性があり分かりやすかった。
  • リスクマネジメントプロセスを体系的に理解できました。
  • 発生確率・影響度マトリックス、リスク対応計画書は、業務でも活用できます。
  • 不確実性の高いプロジェクトが増えているので、今回学習したリスクマネジメントを実践で生かしたい。
講師からのコメント プロジェクトを運や成り行きにまかせるのではなく、リスクマネジメントを実施して、見えないものを見える化することで、プロジェクトを成功させよう!!