プロジェクトマネジメントのアイシンク
  • 企業研修
  • 公開講座
  • コンサルティング
  • PMドック
  • PMラボ
  • アイシンクについて

ポストモーテム講座

Home > 公開講座 > ポストモーテム講座 - プロジェクト教訓の組織知化

ポストモーテム講座:プロジェクトの成功率を上げるための教訓を確実に残そう!
講座名 ポストモーテム講座 - プロジェクト教訓の組織知化
期 間 1日
受講料 42,000円(税別)
PDU 7PDU (Technical: 5PDU, Leadership: 1PDU, Business and Strategic: 1PDU)
開催場所 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル 33階
アイシンク株式会社 社内セミナー室
開催日時 (お申込締切日)
  • 2018/1/29(月) (1/21 〆切)

 9:30 〜 17:30 開催

※受講者3〜8名であれば、各講座とも臨時開催のご相談を承ります。こちらのフォームよりお問合せください。
※受講者9名以上の場合は、別途こちらのフォーム からお問合せください。

★ご参加にあたる注意点

  • 受講料には別途消費税がかかります。
  • 本講座への同業者の方のご参加はお断り申し上げます。
    予めご了承頂きますようお願い申し上げます。
  • 最少開催人数は3名となります。

→ 公開講座へよくあるご質問(FAQ)はこちら

概 要

ポストモーテムとは、プロジェクトマネジメントの世界では「プロジェクト終了後にプロジェクト全フェーズを振返る『事後検証』」を意味します。

プロジェクトの成功体験、失敗体験は属人的な教訓になりがちですが、プロジェクトの成功率を上げるためには、その教訓を組織に確実に残す仕組みが必要です。

そのために必要なことは「分析とフィードバック」のテクニックであり、現場には「効果的なファシリテーション、文書化、そして、行動計画への反映」が求められます。

この講座では、そのための基本的な考え方と実践的なテクニックを、実務経験に基づいてお伝えします。

達成目標
  • プロジェクトマネジメント上の教訓を組織に残すための「分析とフィードバック」の実践的テクニックを習得する
  • プロジェクトの教訓を残す重要性を理解する
講座スタイル 演習を中心とした実践型講座
対象者 プロジェクトマネジャー、プロジェクトマネジャー候補、プロジェクトリーダー
カリキュラム概要
午前 午後
1. 講座の狙い
  • なぜ同じ失敗を繰り返すのか?
  • ポストモーテムする事の重要性

2. ポストモーテムの実践的テクニック
  • プロジェクト成功の条件と評価指標
     - 残すべき教訓は何か?
  • 「分析」「フィードバック」の実際
     - いつ誰がどう教訓を残すか?
3. ポストモーテムミーティングの効果的な進め方
  • ポストモーテムミーティングの事前準備と事後処理
  • ブレーンストーミングを超える取り組み
4. ポストモーテムの事例とツール
  • 「全社業務標準への『教訓反映』」の事例
  • プロジェクト評価シート(成功の基準)
  • 演習
5. まとめ
講師からのコメント

教訓を効果的に蓄積・活用することは、手法さえ知っていれば難しいことではありません。体験や事例を評価・分析し、体系的に横展開する…

実践的なスキルを身につけ、プロジェクトを成功に導く教訓マネジメントのプロになりましょう。

ページトップへ