プロジェクトマネジメントのアイシンク
  • 企業研修
  • 公開講座
  • コンサルティング
  • PMドック
  • PMラボ
  • アイシンクについて

Home > 公開講座 > ステークホルダー視点を入れたコンフリクトマネジメント講座

コンフリクトマネジメント講座:ビジネスは、コンフリクト(利害の対立)の連続。プロジェクトの成功を左右する「コンフリクトマネジメント」それは「ステークホルダーを迅速正確に見極め、戦略を考え、事前に万全の準備ができているか」にかかっています。
講座名 ステークホルダー視点を入れたコンフリクトマネジメント講座
期 間 2日間
受講料 84,000円(税別)
PDU 14PDU (Technical: 4PDU, Leadership: 8PDU, Business and Strategic: 2PDU)
開催場所 東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル 33階
アイシンク株式会社 社内セミナー室
開催日時 (お申込締切日)
  • 2018/7/23(月)〜2018/7/24(火) (7/12 〆切)

 1日目 10:00 〜 17:20/2日目 9:00 〜 17:00開催

※受講者3〜8名であれば、各講座とも臨時開催のご相談を承ります。こちらのフォームよりお問合せください。
※受講者9名以上の場合は、別途こちらのフォーム からお問合せください。

★ご参加にあたる注意点

  • 受講料には別途消費税がかかります。
  • 本講座への同業者の方のご参加はお断り申し上げます。
    予めご了承頂きますようお願い申し上げます。
  • 最少開催人数は3名となります。

→ 公開講座へよくあるご質問(FAQ)はこちら

概 要 変動するステークホルダーを見極め、「交渉すべき相手」を特定し、相手との間で生じるコンフリクトをコンフリクトマネジメント力で軽減/解消できるようになる。
達成目標
  • プロジェクトを成功に導くために必要なステークホルダーマネジメントの実践的な手法を習得する。
  • どのような敵対的/あいまいな相手であっても、自分自身と相手の心理的な側面も考慮し、組織の力を借りて、効果的にコンフリクトマネジメントできるようにする。
  • コンフリクト解決のために活用できるコミュニケーションツールの基礎を習得して、コンフリクトを論理的に分析・検討できるようになる。
お勧めの方
  • プロジェクトマネジャー
  • 実務でコンフリクトマネジメント/交渉事を必要とされる方
  • 契約交渉担当の方
  • PMO
カリキュラム概要
1日目 2日目
  1. 1. ステークホルダーマネジメント
  2. 1-1. ステークホルダーマネジメントプロセス
    • ステークホルダーの効果的マネジメントプロセスの習得
    • ステークホルダーマネジメントプロセスの実践的習得
    • ステークホルダーマネジメントのプロセス
       「重要性の意識共有」「特定」「分類」「情報収集」「分析」「戦略/行動予測」「戦略の策定/実施」
  3. ◆ ケース演習/発表
    • ステークホルダーシステムマップ作成
    • ステークホルダーマネジメント計画書作成
      (「コンフリクトマネジメントすべき相手」の特定)
  1. 2. コンフリクトマネジメント力
  2. 2-1. コンフリクトマネジメントの基本概念
    • コンフリクトは何故起こる?コンフリクトの基本構造
    • コンフリクトマネジメントとは?
    • コンフリクトの肯定的側面
    • コンフリクト分析
  3. 2-2. コンフリクトマネジメント基礎実践
    • 多様なコンフリクトマネジメントの方法
    • 基礎的な現場対応コンフリクトマネジメントの過程
    • コンフリクト・ミディエーションの基礎コミュニケーションツール
  4. 2-3. コンフリクトマネジメント実践計画作成
    • 現場のケースに当てはめて計画シート作成
  5. 3. 講義まとめ総括、Q&A
講師からのコメント 実践的なケース演習を通して「ステークホルダー(利害関係者)マネジメントの基本」を学び、さらにシステマチックにコンフリクトマネジメントを理解し、ステークホルダーの増加・グローバル化等でより複雑さを増す対立の環境に対応できる力をつけて、極限状態でも勝ち続けるプロジェクトマネジャーに変身しましょう!